シトラスジャパンの「コーディネーター」について ~Webライティング編~

Webライティングの研究は進んでいて、上手なライティングはWebサイトのユーザビリティを120%から150%も上げることが出来ると言われています。 その3つのポ
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

2

英語Webライティングに関する研究は、当然英語圏のアメリカの方が進んでいます。コーディネーターはそのような研究への造詣を深める努力もしており、今回はWebライティングの話を有名なNielsenの研究結果をもとに、してみたいと思います。
この研究では、上手なライティングはWebサイトのユーザビリティを120%から150%も上げることが出来るとしており、そのWebライティングの3つのポイントがこれです。

  1. Concise簡潔さ
  2. Scannable速読性
  3. Objective客観性

     

では、細かくみていきましょう。
 

Concise 簡潔さ

簡潔な文は、簡単でかつ、短くまとめられている文です。以前、「ライティングのボリューム ~よいライティングとは?~」の中で話したように、英文全般において簡潔さは重要ですが、Webライティングではさらなる簡潔さが求められます。
理由はWebの文章が英語ネイティブではない人にも読まれること、画面上で読むことが紙媒体より難しいことや、読むことから次のクリックまでのペースが速く、読み飛ばされ易いことなどです。

では、どうすればよいか?

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201710.html

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]