銀行業界を対象にしたNPS®ベンチマーク調査2017年のNPS No.1は住信SBIネット銀行

銀行業界13行を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPSのベンチマーク調査を実施しました。NPSのトップは、住信SBIネット銀行という結果でした。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン) は、銀行業界を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPS®の業界ベンチマーク調査を実施しました。この結果、最もNPS®が高いのは、住信SBIネット銀行となりました。

 業界全体でみると、都市銀行(4行)と住信SBIネット銀行を含むネットバンク等(9行)で、NPS®に差が見られ、「手続きの簡単さ」や「ウェブサイトのわかりやすさ」など多くの項目で満足度が高かったネットバンク等が、都市銀行よりもNPS®が高い結果となりました。また、近年銀行業界で重要となっている「顧客本位の業務運営」(フィデューシャリー・デューティー)の対象となる資産運用等の取引のある利用者と、そうでない利用者にわけてNPS®を分析したところ、資産運用等の取引のある利用者のほうが、NPS®が大幅に高いことがわかりました。

調査結果の詳細はこちらからご覧ください:
http://www.nttcoms.com/service/nps/report/bank/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]