航空会社はカスタマー・アイデンティティとともに飛躍する【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

カスタマー・アイデンティティ・マネジメントに先進的に取り組んでいる航空会社の背景について解説します。
よろしければこちらもご覧ください

 航空会社にとって、カスタマー・アイデンティティは決して新しいものではありません。当初から、航空会社は顧客データをマイレージプログラムに利用し、顧客のロイヤルティと取引関係を守るために顧客とエンゲージしてきたのです。

 他の多くの企業と同様に、航空会社もデータのフラグメンテーション化に悩まされてきました。マイレージプログラム、予約システム、モバイルアプリ、レコメンドエンジンなど旅客にサービスを提供するデジタルアプリケーションが増えるにしたがい、シングル・カスタマー・ビューを構築し、デジタルネットワークを横断して一貫したユーザー・プロフィールを構築することが難しくなってきました。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]