航空会社はカスタマー・アイデンティティとともに飛躍する【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

カスタマー・アイデンティティ・マネジメントに先進的に取り組んでいる航空会社の背景について解説します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 航空会社にとって、カスタマー・アイデンティティは決して新しいものではありません。当初から、航空会社は顧客データをマイレージプログラムに利用し、顧客のロイヤルティと取引関係を守るために顧客とエンゲージしてきたのです。

 他の多くの企業と同様に、航空会社もデータのフラグメンテーション化に悩まされてきました。マイレージプログラム、予約システム、モバイルアプリ、レコメンドエンジンなど旅客にサービスを提供するデジタルアプリケーションが増えるにしたがい、シングル・カスタマー・ビューを構築し、デジタルネットワークを横断して一貫したユーザー・プロフィールを構築することが難しくなってきました。

この記事の続きを読む

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]