グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第20回 Googleのソースコード管理システム ― Piper/CitC

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第20回 Googleのソースコード管理システム ― Piper/CitC 」を公開しました。

はじめに
 今回から2回に渡り、2016年に公開された学術記事「Why Google Stores Billions of Lines of Code in a Single Repository」をもとにして、Google社内で利用されているソースコード管理システムのPiperとCitCを紹介します。この記事では、Googleにおけるソースコード管理の仕組みやPiper/CitCの機能に加えて、そのメリット/デメリットが議論されています。
 今回は、まずは、Googleにおけるソースコード管理の仕組みと、その考え方を紹介していきます。

 

ソースコードリポジトリの利用状況
 Googleのソースコード管理では、Piperと呼ばれるシステムにより、すべてのソフトウェアのソースコードが単一のリポジトリで管理されているという、大きな特徴があります。GitHubのように、ソフトウェアごとにリポジトリを分けるのでなく、1つの巨大なリポジトリ内に、ディレクトリーを分けるかたちで、すべてのソフトウェアのソースコードが保存されています。図1は、2015年1月時点でのリポジトリの利用状況を示すデータですが、ソースコードが約900万ファイルで、1日あたり4万個のコミット(ファイルの変更)があります。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai220.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]