クラウドでのGPU利用環境の拡大

クラウドでのGPU利用環境の拡大
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2017年2月21日、GoogleはGoogle Cloud Platform(GCP)にてGPUを利用可能とするサービスを発表しました。GPU環境はディープラーニングなどのAIで大量のデータを学習させるのに適したコンピューティング環境として注目されてきていて、これで、AWS、Azureに続いてGCPでもGPU環境が利用できるようになったわけですが、各社のクラウドでのGPU環境の利用のしやすさ、GPU環境はどこまで身近になったのか、オンラインのメディアでの記事からピックアップしてご紹介します。

クラウドでのGPU利用環境の拡大

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]