Ruby&Railsコラム「オーダーメイドのWebサイトを短納期で構築するには」が公開されました。

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Ruby&Railsコラム「オーダーメイドのWebサイトを短納期で構築するには」が公開されました。

###
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載いたします。今回は「オーダーメイドのWebサイトを短納期で構築するには」と言うタイトルで書きます。

ご存知の方も多いと思いますが、米国ではRuby on Railsのエンジニアの給与が全技術者の中でトップになっており、平均で1200万円前後になっています。日本でも約10%のRuby on Railsのエンジニアの年収が900万円を超えているというデータがあります。

この背景にあるのが、Ruby on Railsの開発効率の高さがあるといわれております。Ruby on Railsで短時間でWebを構築でき、保守性も高いため、労総集約的な開発ができるのがRuby on Railsなのです。ある企業がJavaで開発したケースとRuby on Railsで開発したケースを比較した場合、ステップ数では20倍の差が付いたというデータもあります。 つまり、このような技術を活用したWeb開発の発注者側のメリットは何かというと、以下になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/02/17/%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]