Ruby & Railsコラム「納品したRuby1.8ベースのシステムをRuby2.2にマイグレーション」が公開されました。

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Ruby & Railsコラム「納品したRuby1.8ベースのシステムをRuby2.2にマイグレーション」が公開されました。

####
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載いたします。今回は「納品したRuby1.8ベースのシステムをRuby2.2にマイグレーションする提案」と言うタイトルで書きます。

Rubyは長らく1.xを引っ張っていたので、Ruby2.xへのマイグレーションのお話は多いのではないでしょうか?お客様の要望によってはマイグレーションではなく、作り直しを希望されるお客様もいると思います。ただ、ほとんどのお客様では、マイグレーションした場合と、まったく新しい技術で再開発した場合の両方を比べてみたいのではないでしょうか?

今回のコラムでは、以下のシステムのマイグレーションを解説した資料の概要をご紹介します。

<現行システム>
サーバーOS:CentOS Release 5系
言語:Ruby 1.8系
フレームワーク:Ruby on Rails 1.2系
DB:MySQL 5.0

<新システムの希望構成>
サーバーOS:CentOS Release 6.6 x86-64
言語:Ruby 2.2.0
フレームワーク:Ruby on Rails 4.2.0
DB:MySQL 5.6

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bb1l10hdw-24/#_24

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]