【来週開催】10月19日(水)Webアクセシビリティ最新動向と基礎

~対応しなければ訴えられることも?担当者が知っておくべきWebアクセシビリティ規格~
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2016年3月に日本国内のWebアクセシビリティ規格であるJIS X 8341-3が改正され、次いで2016年4月には「障害者差別解消法」も施行されたことから「Webサイトのアクセシビリティ」見直しや改善を検討されているご担当者も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは「今後日本のアクセシビリティルールはどうなっていくのか」「対応しないとどのような問題が発生するのか」「対応している会社はなにをどの程度の予算で行っているのか」などの疑問にお答えし、アクセシビリティ対応を考えている方が知っておくべき基本をお話いたします。

▼お申し込みはこちら
http://go.pardot.com/l/131631/2016-09-27/hvgvc

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]