2016年9月6日(火)AIの可能性を拡げる!人工知能を活用した「Facebook Messenger Bot」で企業の顧客エンゲージメントを創出

本セミナー・勉強会は、AI(人工知能)を活用した「Facebook Messenger Bot」で企業と顧客エンゲージメントの可能性を探ります。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

2016年9月6日(火)AIの可能性を拡げる!人工知能を活用した「Facebook Messenger Bot」で企業の顧客エンゲージメントを創出
お申し込みはこちらから
http://go.pardot.com/l/131631/2016-08-21/hb53r

■セミナー内容

2016年4月、FacebookはMessengerを利用した企業のチャットボットのプラットフォーム「Bots for Messenger」を発表しました。このBotでは、単純な文字列だけでなく画像やリンク、行動を起こさせるメッセージで、企業が顧客とOne to Oneのコミュニケーションが可能となります。
また、今やアクティブユーザーが10億人以上の巨大なプラットフォームとなったMessengerに、AIの自然言語処理も搭載することで、会話の中で機械学習し、カスタマーサポートやEコマース、あらゆる対話的なコミュニケーションで、Messengerの企業活用の可能性が無限に広がることも予測されています。

本セミナー・勉強会は、AI(人工知能)を活用した「Facebook Messenger Bot」で企業と顧客エンゲージメントの可能性を探り、具体的に企業で活用する場合の参考にしていただけます。

◎講演
Facebook Messenger Botとは?
・Botの最新海外事例
・Bot制作の流れと活用について

◎講演
Messenger×AIで実現する次世代マーケティングについて
・BotでAIを活用するメリットについて
・AI活用のbotによるマーケティング最新事例
・AIソリューション「AMY」の特長と導入のながれ

◎勉強会
出席企業様同士で取り組みの現状の情報共有・交流会

お申し込みはこちらから
http://go.pardot.com/l/131631/2016-08-21/hb53r

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Net Promoter Score
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]