「データフィード版カオスマップ 2016 秋」公開のお知らせ

データフィード業界を俯瞰する業界マップ「Data Feed Landscape 2016秋 – データフィード版 カオスマップ」です。
よろしければこちらもご覧ください

株式会社フィードフォースは、現時点でのデータフィード業界を俯瞰するカオスマップ「Data Feed Landscape 2016秋 – データフィード版 カオスマップ (日本)」を公開いたしました。

「Data Feed Landscape 2016秋 – データフィード版 カオスマップ (日本)」は、2016年1月に国内初で公開した「Data Feed Landscape 1.0 – 日本版データフィードカオスマップ」の最新版となります。公開から10ヶ月が経過し、データフィードを取り巻く環境は大きく変化しています。
今回は新たに、MessengerとChatbotのカテゴリを追加しております。Feedmaticブログより公開いたしましたので、是非ご覧ください。
●Feedmaticブログデータフィード版カオスマップ 2016 秋
 

データフィード最適化サービス「DF PLUS」について
「DF PLUS」は、フィードフォースが提供する導入実績No.1データフィード統合管理サービスです。企業の商材データをGoogleショッピング広告やCriteo、Facebookなどのダイナミック広告を含む多様な配信先に最適化し、広告効果の向上に貢献します。EC・人材・不動産・旅行業界等の「多くの商材を保有する企業」に対し、複数の配信先を統合管理し、柔軟に運用可能なデータフィードを提供します。
https://dfplus.feedforce.jp/
 

10/25(火)、広告主様向けの無料セミナー『Criteo広告 中級者のための “一歩先行く” 実践セミナー~機械学習エンジンを最大限活用するデータフィード&広告運用手法~』を開催します!

カオスマップ「Dynamic Retargeting Advertising」にも登場するCriteo。最先端の機械学習アルゴリズムを強みに広告主から絶大な信頼を獲得しているCriteo広告の「機械学習エンジンを最大限活用する方法」をご紹介するセミナーとなります!是非ご参加くださいませ。

▼お申込&詳細は下記よりどうぞ
https://www.feedforce.jp/seminar/8744/

 

会社概要

【株式会社フィードフォース 会社概要】
フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことを事業とするデータフィード領域のリーディングカンパニーです。データフィード最適化サービスや、ソーシャルログインサービスを提供し、数多くの企業のマーケティングを支援しています。
 
会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業 
URL:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>

■ 株式会社フィードフォース 担当: 金井
Tel:03-5840-7106 FAX:03-5840-7107 (受付時間:10:00~19:00/土日祝日除く)
ホームページ:https://www.feedforce.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]