デジタル・Webマーケティングメディア「MarkeTimes(マーケタイムズ)」が寄稿記事の募集を開始

自社メディア、商品、サービスを紹介できる寄稿記事の募集開始のお知らせ
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

2016年10月7日、デジタル・Webマーケティングメディア「MarkeTimes(マーケタイムズ)」が寄稿記事の募集を開始しました。マーケティング商品やサービスを扱う企業様、広告代理店様、またマーケティングに精通しておりメディアやブログを紹介したい方を対象としております。

【MarkeTimes編集長の松村 俊樹氏のコメント】

2015年10月に開始したデジタル・Webマーケティングメディア「MarkeTimes(マーケタイムズ)」は国内のマーケターの質的向上を図るための情報メディアとして皆様にご愛読いただいております。

メディア育成を最大化させるため、企業や個人からの寄稿記事(ゲストブログ)の募集を開始いたしました。寄稿のメリットとしては、記事制作主の紹介したい商品、サービス、メディアを合わせて紹介させていただく事で双方にとってメリットのある形式を取っております。

またマーケティング関連の各メディア等とパートナーシップを組み、安定的な互恵的関係を築いていきたいとも考えております。

単発での記事掲載や、継続的な寄稿も受け付けておりますので、ご興味のある企業様や個人の方は下記URLの問い合わせフォームよりご相談ください

http://marketimes.jp/contact

MarkeTimes(マーケタイムズ)編集部 広報チーム

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]