Ruby技術者認定試験に合格しよう! ~ゴールド編①~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Ruby技術者認定試験に合格しよう! ~ゴールド編①~ 」を公開しました。
こんにちは。 ゼネットの藺藤です。
今回は「Ruby技術者認定試験・ゴールド試験合格方法」というテーマでお送りします。 前回のコラムの続きとなる内容です。(前回のコラムをご覧になってない方はこちらも一読ください!)

それでは始めましょう!

前回のおさらい
さて、前回のコラムではRuby技術者認定試験の概要と、特にシルバー試験について私や同僚が実践しているお勧め勉強法をご紹介しました。 今回はその続編として「ゴールド試験」合格のためのポイントを解説します。

「Rubyアソシエーション認定プログラマ・ゴールド」は、シルバー試験で一通りの文法、ライブラリを覚えた受験者に対して、更に深く・広く文法を理解した上で適切なプログラム設計を行えることを目指します。 シルバー試験と比べて、ゴールド試験はRubyの考え方や概念をしっかり理解することの重要性がより高い試験となります。

今回は「ゴールド編①」として、Rubyのオブジェクト指向について説明していきます。 本コラムでは、具体的かつ網羅的な説明を行うことは目指しません。 それらは他のテキストをご覧になった方がずっと参考になるでしょう。 その代わりに、読者の方が自分自身で理解してゆく一助となることを目的とします。 このため、実際にプログラムを実行し、確認しながら読み進めていってください。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/masuidrive/masuidrive24.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]