レッドハット 中井悦司氏のコラム「第84回 OpenShiftの機能紹介 ―― Dockerイメージのバージョン管理」が公開されました

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはレッドハット 中井悦司氏のコラム「第84回 OpenShiftの機能紹介 ―― Dockerイメージのバージョン管理」を公開しました。
前回は、OpenShiftが提供する環境の全体像を紹介しました。「アプリケーションの開発/実行環境をイメージ化する」というDockerの機能を活用して、従来のPaaSよりも広い範囲の利用方法に対応していることが分かりました。今回からは、この全体像を元にして、「ImageStream」「BuildConfig」「DeployConfig」と言ったOpenShiftに固有の機能を紹介していきます。

今回は、イメージストリーム(ImageStream)による、Dockerイメージのバージョン管理機能です。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai/nakai84.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]