Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生」を公開しました。
Railsチームからの報告(*1)によると、今年のGoogle Summer of Code(GSoC)にて、Ruby on Railsのプロジェクトに8名の学生が選ばれたようです。

 今年で第11回を迎えるGoogle Summer of Code(GSoC)ですが、これはGoogleが指定したオープンソースのプロジェクトに対し、その年の夏の間に課題をクリアした数100人の学生が賞金をもらえる制度です。毎年2月頃、まず対象となるオープンソース(Railsなど)が募集されます。そして3月には学生の申し込みを受け付けます。4月は学生が対象のオープンソースの団体に慣れるための期間で、5月の終わりになると実際のコーディングが始まり、8月末まで続きます。各プロジェクトには、対象となるオープンソースの団体から選ばれた指導者が付きます。

 グローバルなプログラムなので、世界中に参加者がいます。以下は国ごとの参加学生数について公式発表された数字です。2015年は1,051名の学生が選ばれました。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans07.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]