名前空間について その2

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「名前空間について その2」を公開しました。
さて早速ですが前回のコードを、改めて。

require_once(‘my.php’);
use my\hoge;
//
$obj = new hoge();
var_dump($obj);

こちらですね。
正直、この程度のコードであれば、以下でもよいと思われます。

require_once(‘my.php’);
//
$obj = new my\hoge();
var_dump($obj);

ただ。
・my\hogeが、しょっちゅう出てくる
・もっと「なが~~~い」名前空間である
・さらに、その「なが~~~い」名前空間がちょいちょい出てくる
場合に、「毎回、長い名前空間込みで書く」のが面倒なので、use を使います。
早速、コードを見てみましょう。

require_once(‘my.php’);
use my\hoge as hoge;
//
//$obj = new my\hoge();
$obj = new hoge();
var_dump($obj);

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/3005/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]