Amazon RDS を使ってみよう

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 Amazon RDS を使ってみよう 」を公開しました。
はじめに
みなさん、こんにちは。「今からはじめる Amazon Web Services」では、前回と前々回、AWSの主要サービスであるEC2とS3の概要と使い方を説明してきました。今回は、クラウド上でRDBを利用できるサービス「Amazon Relational Database Service(RDS)」を紹介します。

Amazon RDS
Amazon Relational Database Service(RDS)は、クラウド上で簡単にリレーショナルデータベースを利用できるサービスです。2009年6月に登場しました。

Amazon RDSは、AWSのその他のサービスと同様に「拡張性」「可用性」「耐久性」に優れます。すなわち、

導入と設定が容易
AWSの管理画面から操作するだけでRDBを利用することが可能になります。データベースエンジンをわざわざインストールする必要はありませんし、選択したエンジンとクラスに適したパラメータが設定されているので、設定ファイルを操作する必要もありません。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/columns/ozawa/ozawa04.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]