Web業界で最も仕事が多いPHP ~Webサーバ側のプログラム言語シェアが81.3%に~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Web業界で最も仕事が多いPHP ~Webサーバ側のプログラム言語シェアが81.3%に~」を公開しました。
W3Techsが公開しているマーケット指標でPHPは、ここ数年間 Webサーバ側のプログラミングシェアとして80%以上のシェアを維持しています。

第2回_1

※出展 W3Techs Server-side Programming Languages 2015年8月29日
http://w3techs.com/

2006年に1億台を超えたWebサーバ数は、2014年には10億台を超え、今もなお増え続けています。サーバ環境としては世界最大クラスを占めるWebサーバで80%以上のシェアを持ち続けるPHPはWeb業界で最も普及している技術と言っても過言ではありません。PHPはWebサーバの普及とともに高いシェアを維持しつつ、PHPで稼働しているサーバ台数も飛躍的に拡大してきています。

PHPが高いシェアを持つ理由についてInternetNews.com の主任編集者のSean Michael Kerner 氏は「最大の理由としては、世界の主要なコンテンツ管理システム(CMS)の多くが PHP を使っていることがあげられるだろう。WordPress、Drupal、Joomla といった高い人気を持つ CMS は、すべて PHP を利用している。
こういった CMS の利用が今後ますます伸びていくにつれ、PHP に対する人気もさらに高まっていくことだろう。」と述べられています。

※引用元:インターネットコム 2013年2月の記事より
http://internetcom.jp/webtech/20130204/4.html

PHP市場をけん引しているのがCMSとのことですが、実際にW3Techsのデータを見ると、以下の通り、シェアのトップ5のCMSがPHPベースのCMSになっています。

第2回_2

※出展 W3Techs Most popular content management systems 2015年8月29日
http://w3techs.com/

そして、トップシェアであるWordPressは以下のW3Techsの調査データにあるように全Webサイトに占めるWordPressのシェアは今も拡大を続け、この1年で1%以上シェアを拡大してきています。

第2回_3

※出展 W3Techs Historical trend 2015年8月29日
http://w3techs.com/technologies/details/cm-wordpress/all/all

さらに、InternetNews.com の主任編集者のSean Michael Kerner 氏は「PHP は言語としても成長を続けている。私が初めて PHP を使ったとき、バージョンは3.x だった。その後 PHP 4.x で苦しむ日々も経験した。現在広く利用されているのは PHP 5.x だが、この状況は頷けるものだ。PHP5.0 は XML の管理やスケーラビリティに対応しており、パフォーマンスも以前のバージョンからは大幅に向上している。」と述べられています。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5907/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]