タブレットとデジタル・マーケティングについて

多くの企業のデジタル・マーケティングにおいて、タブレットは必須の情報機器になっています。タブレット製品に携わる立場から、その活用方法を考察します。
よろしければこちらもご覧ください

Handbookという製品に携わり、多くのセールスツールとしてのタブレットの案件に携わる中で、「デジタル・マーケティング」という概念が、タブレットの出現により拡張され始めていることを強く感じています。

そして、私はタブレットの導入とは、多く企業においてデジタルマーケティングにおいて必須の情報機器になると考えているのです。

デジタルマーケティングの領域

デジタルマーケティングは「ネットマーケティング」(=ウェブマーケティング)とは異なります。デジタルマーケティングとは「情報通信技術を駆使し、マスやリアルを含むマーケティング全体の最適化を行うこと」です。

たとえば「マーケティング・オートメーション(MA)」や「オムニチャネル」「O2O」という概念はまさにデジタルマーケティングの領域でありリアルに関わる領域と言えます。私が長年関わってきたウェブマーケティングを包括する概念です。

もちろん、リアルのマーケティングは重要です。しかし、多くのマーケッターが交通広告や放送などのマス広告、イベントなどに限界を感じており、情報通信技術を駆使したリストに対する継続的かつ反復的なアプローチや独自コンテンツによる集客に可能性を感じているのです。

続きはこちらのサイトでご覧ください
https://handbookapp.net/jp/blog/2013/12/20/digital-markeing-tablet/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1. デジタルマーケティングの領域
    2. セールスパーソンが持ち歩くオウンドメディアとしてのタブレット
    3. 攻めの経営を実現する「デジタル」の責任者
    4. タブレットでウェブテクノロジーをセールスの現場に
    5. デジタルマーケティングへの集中

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    今日の用語

    CRO
    Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]