サーバプッシュ番外編 ~ActionController::Live~

よろしければこちらもご覧ください

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「サーバプッシュ番外編 ~ActionController::Live~」を公開しました。

5/6にRails3.2.18、4.0.5および4.1.1がリリースされました(*1)。
このリリースはディレクトリトラバーサル脆弱性に対するセキュリティフィックスですので、
できるだけ早くアップデートすることをお勧めいたします。

さて前回までサーバプッシュを行うための技術として、WebSocketをご紹介してまいりました。
今回はその番外編として、Rails4から導入されたActionController::Liveによるサーバプッシュについて
書いていきたいと思います。

なお、動作環境は以下の通りです(*2)。

• Windows 7
• Chrome 35
• Ruby 2.1.2
• Rails 4.1.1

Server-Sent Events

第9回「WebSocketでサーバプッシュ」の中でもお伝えしましたが、
これまでのWebの仕組みではサーバプッシュを行うことができませんでした。
このサーバプッシュを行うための技術として、2つの仕組みが規格化されることとなります。

1つは前回までご紹介したWebSocketです。WebSocketはHTTPではない独自のプロトコル
(WebSocketプロトコル)を用いるという方法でサーバプッシュを実現しました。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/3302/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]