Google Chrome×Rails開発 → RailsPanel

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Google Chrome×Rails開発 → RailsPanel」を公開しました。

10月中旬から11月の頭にかけて、Rails3.2系及び4.0系のアップデートがそれぞれ行われました。

Rails3.2系は 3.2.15がリリースされ、56件のバグフィックスや機能改修の他、
ActionMailerのDoS攻撃脆弱性に対するセキュリティフィックスが含まれています。
Rails3.2系をお使いの方は3.2.15にアップデートすることをお勧めします。
Rails4.0系は4.0.1がリリースされています。本リリースでは3.2系で先行して修正されたものも含め、
460件以上のバグフィックス・機能改修が行われています。リリースの告知(*1)では重要な変更として、
ActiveRecordのorderに関する仕様変更が取り上げられています。

User.order(“name asc”).order(“created_at desc”)

# 発行されるSQL(Rails4.0.0の場合)
# SELECT* FROM users ORDER BY created_at desc, name asc
# 発行されるSQL(Rails4.0.1及びRails3系の場合)
# SELECT* FROM users ORDER BY name asc, created_at desc

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]