Rubyコラム「Dig Ruby!」の第3回 「bundle gem」が公開

Rubyコラム「Dig Ruby!」の第3回 「bundle gem」が公開されました
よろしければこちらもご覧ください

トランスネットRubyコラム「Dig Ruby!」の第3回 「bundle gem」が公開されました。

###
「Ruby開発」と聞いて皆さん何を思い浮かべられるでしょうか。
このサイトの他のコラムでもご紹介している、Ruby on Railsではないでしょうか。
この強力なフレームワークの存在ゆえ、「Railsを使わない、Rubyでのアプリケーション開発」というものがピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。

アプリケーションを作るということは、ソースコードを書いて保存することになります。
Rubyは自由な言語です。好きなところに好きなように書くことができます。
しかし、Railsのような「規約」やIDEのウィザードに慣れていますと、いきなり「ご自由にどうぞ!」と言われても戸惑ってしまうかも知れません。

「Railsなら、どこに何を書けば良いかわかるけれど・・・・・・」

そんな方のために、Dig Ruby! 第3回は足掛かりとなる「骨組み」を簡単に作る方法をご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbbv5e9al-22/#_22

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]