中小企業やスタートアップカンパニーにJoomla CMSを使ってもらいたい!

中小企業が最も求めるのは、お客に届く告知宣伝力である。ウエブでの情報発信を上手く使えるかどうかが鍵である。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

告知力を強めてサービスや商品を認知してもらいたい!

こんなニーズは、どの会社にもある。特にスタートアップカンパニーにとっては、何とかしたいニーズである。一般的にコスト効果が高いウエブでの情報発信が真っ先に取り上げられる。

しかし、

ホームページをどの様に使って告知力を強めるかの方法を知らない会社が多い。

同時に、

直ぐに効果を期待しすぎるために効果が出る前に諦めてしまう傾向が強い。

「情報」は、集客の餌である。

情報発信の手間暇とコストの問題を解決できないと情報の餌を撒き餌として投入できない。1ページ1万円以上の費用を投じてページ作成を外部ウエブ制作会社に依頼するやり方では時間とコストの面で割があわない。

中小企業は情報発信カンパニーになる必要がある!!

自社の製品やサービスの情報をウエブで発信するためにホームページの専門家を雇用したり、外部委託したりする必要はない。そんなやり方では、情報発信のスピードとコストについていけない。

原則、

自社の製品やサービスを良く理解している担当者(社長も含める)がウエブで情報を発信する考えを社長が持たなければこれからの告知力増強の面で競争に負ける。

ホームページを持っている会社は沢山ある。

しかし、

あなたの会社を含めて自社で情報の餌を作ってお客さんが集まる餌場に投げ入れている会社が何社あるだろうか。ゼロに近いかもしれない。

これからのビジネスは、ウエブを上手く使って告知力(自社メディア)を高める事にかかっている!!

必要なことは、

1.ウエブで情報を簡単に発信できるツール(Joomla CMS)
2.社長を含めて社員にページ作成をさせる
3.自社サイトを情報ポータルにして自社メディア(告知力)化する

自社でコレができない、わからないのであればそれができる会社に支援やコンサルティングを依頼すれば良い。

Joomla CMSは、シンプルなサイトから複雑なポータルサイトに育てることができる。最初から欲張ってポータルサイトを作るよりも小さく始めて時間をかけて大きくサイトを育て上げたほうが賢い。

CMSサイトを育て上げる過程でシステム操作に慣れてくるからだ。社員が、社長がCMSのメリットを理解できるようになればホームページの使い方にもっと興味を持ち始め自社にプラスに成るような使い方を考えだすことができる。

どんなに良いツールがあってもそれを使う、決定権がある社長が使い方のメリットを体感しなくては、意味が無い。

ホームページなんか専門家に任せれば良い・・・・こんなことを言っている社長さんはもう時代に取り残されている。

ホームページの専門家が要らないCMSツールがもう手元に存在するからだ。

情報発信力>告知力>営業力を如何にして自社内に構築するかである!!!!!

=>

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]