「Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験Silver/Gold対応」を2月22日から発売開始

「Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験Silver/Gold対応」を2月22日から発売開始
よろしければこちらもご覧ください

Rubyアソシエーション(本部: 島根県松江市、理事長: まつもと ゆきひろ、以下Rubyアソシエーション)は、Ruby技術者認定試験“Ruby Association Certified Ruby Programmer”に対応した「Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験Silver/Gold対応」が技術評論社より2月22日より発売されることを発表しました。なお、書籍の情報は以下の通りです。

■書籍概要
書名:『Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験Silver/Gold対応』
著者名:Rubyアソシエーション、CTCテクノロジー㈱ 監修
    増井雄一郎 小川伸一郎
    ㈱日立ソリューションズ 藁谷修一、川尻剛、 牧俊男 著

サイズ、ページ数:A5版、512ページ
価格:3780円(3600円+税)
ISBN:978-4-7741-5001-7

■Ruby技術者認定試験について
Ruby認定試験は、Rubyベースのシステムを設計・開発・運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度です。試験合格者は、Rubyアソシエーションにより「Ruby Association Certified Ruby Programmer」として認定されます。認定者は、Ruby技術者としての技術力を公正に評価され、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されます。このRuby認定試験は、Rubyアソシエーションより委託された伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)によって運営・管理されています。
http://www.ruby-assn.org/ja/certification/examination.htm
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/rubycertify.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]