あなたのサイトをユーザーの友達にもリーチする方法

「私のお勧めサイトです!」 なんて100以上のブログで紹介してもらえる、そんな理想的な宣伝方法をWeb担フォーラムを購読されている皆さまだけにお伝えします。
よろしければこちらもご覧ください

■自分メディアを味方につける

自分メディアと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

最近ではありとあらゆるソーシャルメディアが利用されていりますが、
その代表格にある自分メディアとはブログなのです。

最近、新サービスのLa*CORDEをブログに次ぐ自分メディアの媒体にしようと日々研究を重ねているのですが、一つ気付いた事があります。

それは、
2011年現代で自分メディアのプロバイダとして成長を遂げているサービスはいずれも、URL(のディレクトリ部分)をユーザー側に決めさせているモノばかりだという事に気づきました。

特にその象徴たるはブログだと思います。
このアメブロもそうですね。

個人的な見解ですが、mixiやGREEは自分メディアとしては敗北者にあると思っています。
勿論、別の側面でユーザーニーズを的確に掴み著しい成長をしてきたサービスなので否定している訳ではありません。

ただ、ことSNSの領域においては、
自分メディアとしての側面を持つ(=URLを決められる)仕様になっているfacebookがgreeやmixiと比べて、自己所有の意識を高めている要素の一つだと思います。

URL(の一部)を決めるのは、生まれた子供やペットに名前を付けるような感覚なんでしょうか。
たしかにURLを自分で決めると、「自分のモノ」として愛着がわきますし、自己所有物としての認識が高まります。

この自分メディアを味方につけなければ、どこでもドアマーケティングを攻略する事は不可能だという事を脳に深く刻み込んで下さい。

======================================
※本家のブログではわかりやすくイメージできる画像を公開しております。
BLOG:どこでもドアMarketing
http://ameblo.jp/ippeee-log/entry-10865673146.html
======================================

■自分メディアへ馴染ませる

愛着溢れる自分のブログ。

ユーザーは一生懸命に自分のブログを更新し、友達に読んで♪とお互いに読者登録をし合ったりしていることでしょう。

そんなに大事に育ててきた個人ブログ(しかも自分たちの顧客層にドンピシャ)に、企業が運営するサイトへのバナーを貼ってもらえたら最高だと思いませんか?

「私のお勧めサイトです」

なんて、ブログのTOPに貼り付けてもらえるんなら、それはもう最高です。

いま消費者がweb上で購買行動をする際に、参考にしている指標No.1は
「友達の評判」だそうです。

これをECに活用しているLevi's Friend Store は皆さんも既にご存知かと思います。

Levi'sほど世界にファンがいるからこそ成功しているモデルだと思いますが、まだ会員数1000人規模のサイトでも同じような効果を得られる方法が実はあります。

その方法とは、バナーにユーザーの顔写真を入れてあげることです。

その子の顔写真を入れてあげることで、本人のブログに一気に馴染みます。

ただこれは自分自信を外部に公開しているユーザーが対象となります。
私の携わるマーケットは特にこの傾向が強く、自分の写真入りバナーをブログに貼って「専属モデル」
やら「創設メンバー」などと書いています(笑)

でもこれでいいのです。

彼/彼女たちのスペースにお邪魔しているのはこちら(=企業側)なわけですから、自社の運営サイトに通じるバナーを設置してくれるだけで感謝です。

実行する手順はいたって簡単。

まずは今いる会員に向けて、
「世界に一つのオリジナルバナーをプレゼントします!」とメルマガで打ち出してみて下さい。

地道な作業かもしれませんが、一つまた一つと自分メディアを味方につけることで、1年後にはものすごい集客をあなたのサイトにもたらしてくれるはずです。

======================================
※本家のブログではわかりやすくイメージできる画像を公開しております。
BLOG:どこでもドアMarketing
http://ameblo.jp/ippeee-log/entry-10865673146.html
======================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]