インデックスアップデート直後のYahoo!順位大変動!

よろしければこちらもご覧ください

またまた、Yahoo!順位大変動

本日、11日の10時前後から、Yahoo!の検索順位に大変動がありました。

規模感としては、先日行われたインデックスアップデートと同等くらいのインパクトではないかと思われます。朝一で関係者からもメールがガンガンきました。それくらいの出来事だということです。

しかし、通例であれば米Yahoo!の「Weather Report」の発表があった後に、Yahoo!Japanがそれにならうというのが基本スタイルですが、今回は米Yahoo!からは何も発表がされておりません。

そう考えると、今回の検索順位変動は日本独自によるものと推測されます。

もちろん今までにも、事後報告というものもありましたので、バタバタしても始まらないのですが、このくらいの大きな変動であれば、じっとしてはいられないということで筆を執った次第です。

現時点で、どのような変更を加えたのか?という推理を行ってみました。とてもチープな発想ではありますが、少ない情報でのものですのでご容赦ください。
(※管理している数百サイトから推理。)


【推理概要】

      リンクに頼っていないサイトは堅調。
      Yahoo!サービスを推している感が強まった。

    まず、内部施策がしっかりしていて、とくに外部リンクに頼っていないサイトに関しては、堅調な検索順位です。むしろ検索順位が上がっているキーワードもありました。

    リンクに関するフィルタを追加したのかもしれません。先のインデックスアップデートの時にも、このリンク周りの強化が散見されましたが、スパム的なリンクや、容易に増設できるようなリンクに対しては、フィルタリングの対象としていく方針なのだと思われます。

    次に、これも以前から言われていることではありますが、自社サービスを検索結果にて推すことで、Yahoo!の利益を増大させる狙いなのではというものです。確かにこのことで、Yahoo!の利益は増大することは間違いないでしょう。

    無料でサービスを利用させてもらっている側の人間なので、道理で考えれば筋違いなのかもしれませんが、露骨でいやらしいなとも感じてしまいます。

    たった一日の、しかも数時間の出来事ではあるので、今後更なる変動が予想されます。皆さんYahoo!の検索結果を注意深く見守っていきましょう。

    ===================================
    SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
    ===================================

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    SCAT
    社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
    [SPONSOR]
    株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス