※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多種多様なWebサイトに情報があふれる中、欲しい情報をさくっと手に入れられていますか?
「どこに情報があるのかわからない」「目的情報に到達するまでの道のりが長い」サイトでは、探すだけでぐったりしてしまうこともしばしば。

一方で、情報が整理されていて、すぐに目的情報にたどり着けるサイトには好感を持ち、リピーターになることが少なくありません。
サイトへのアクセスを向上する手法の一つとして、ユーザビリティ向上は非常に重要です

でも、実際どうしたらいいのでしょう?
意外なことに、位置情報を使ってユーザビリティを向上させた事例をご紹介します。

位置情報でWebサイトが使いやすくなる!?

位置情報とWebサイト?
この2つ、一見すると関連がなさそうですが、位置情報を使ってWebサイトの使い勝手がよくなる事例が結構あるんです!

    (「インターネットの位置情報って何?」という方にちょっと基礎知識。
    インターネットユーザーの場所が分かるデータベースが存在します。その名も『IP Geolocation』。このデータを使えば、いま記事を読んでいるあなたの場所もお見通し。
    ユーザーのPCなどのIPアドレスから最高で市区町村まで場所を特定できます。
    ちなみに個人までは分かりませんのでご安心を。
    IP Geolocationについての詳細は こちら をご覧下さい。)
■みんなが使いやすいサイトを目指す!

日本最大級の病院検索サイトを運営する株式会社QLife では、口コミ病院検索サイトQLife を運営しています。
このサイトでは、自分にあった病院探しをするための情報として、口コミ付きの病院検索ができます。

QLifeサイトではネットリテラシーの低いユーザーに配慮し、ユーザビリティを特に重視しています。
そこで、「検索を簡単に」との願いから着目したのが『IP Geolocation』でした。

■なぜ位置情報に着目?

あなたが病院を探すとき、まず近所にある病院を探しませんか?
生活に密着した「医療機関」の検索では、利用者の地域付近の情報が検索されることが多いのです。
ならば先回りして、ユーザーの位置を反映させたコンテンツを表示してしまえば、「ユーザーが自分の地域を指定する」というステップを一段省略することができます。

どうやって?

■ユーザー周辺地図の自動表示

そこでQLifeでは、「目的情報への道のりを短縮し、見つけやすくする」ことを目的に、ユーザーの位置をIP Geolocationデータによって判別し、医療機関の場所を示した周辺地図の表示を実施しました。
地図上に表示された医療機関をクリックするだけで、付近の病院の口コミ情報に到達できます。

■ユーザー位置情報を検索結果に反映

QLifeの利用者にはパソコン操作に不慣れな高齢者なども多く含まれ、的確に検索ワードを指定したりAND検索を使いこなせるユーザーばかりではありません。このため、「検索結果を最適化して、情報検索の使いやすさ向上」を目的に、検索結果にユーザーの位置情報を自動的に反映させました。実際には:

    検索キーワードの入力を省略:
    従来は、例えば「上町」というキーワードの入力をすると、全国の「上町」の医療機関がリストアップされ、検索結果が多い場合は絞り込む為に「上町 内科」などのAND検索が必要でした。
    位置情報を導入したことで、ユーザーの地域の医療機関に絞り込んだ検索結果の表示が可能になりました。
    利用者の地域を反映した検索結果を表示:
    従来は病院名から検索する場合「鈴木」と入力すると、閲覧数や口コミが多い首都圏の医療機関が上位表示されていました。このため、県や市とのAND検索が必要でしたが、位置情報を反映させることでこれを解決しました。
    IP Geolocation導入によって、札幌の利用者には札幌の“鈴木医院”が、大阪の利用者には大阪の“鈴木医院”が上位表示されるようになりました。

QLife検索結果への位置情報の反映は2008年10月に正式公開したばかり。β版テストでは、地方ユーザーから「使いやすくなった」との声が寄せられ、インターネットを使い慣れていないユーザーにも、より使いやすい検索サイトになったといえます。

■あなたのサイトでも、位置情報でユーザビリティ向上を実現

「興味はあるけど、難しそう・・」
そんな方にもオススメなのが、IP GeolocationデータでWebサイトのコンテンツを地域別に切り換えるASPサービス『どこどこJP』です。
『どこどこJP』にはAPI版とiframe版があり、API版は個人のお客様には *無料* でご利用いただけます。
法人のお客様は、月額10,500円(初期費用別)からご利用いただけます。

『どこどこJP』API版(個人利用は無料)のご利用お申し込みはこちら
http://api.docodoco.jp/regist.cgi?id=wbt

だれでも ちょっとした気遣い はうれしいもの。
あなたのサイトでもIP Geolocationをご活用ください!

<関連リンク>
■市区町村まで分かる新しいIP Geolocationデータベース「SURFPOINT v2.0」
■簡単にあなたのサイトを地域ごとに切り換え「どこどこJP」

サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp?id=wbt
アクセスユーザーの地域認識技術であるIP Geolocationデータベース「SURFPOINT」を提供する、国内オンリーワン企業です。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アーティクル・スピニング
既存のコンテンツを書き換えたり、その一部を流用したり自動置換したりして、同一では ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]