30人までの大会議室でも利用可能 360度webカメラ 人気シリーズ最新モデル「Meeting Owl 3(ミーティングオウル3)」12月8日(金)新発売

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2023年12月08日(金)
ソースネクスト株式会社
https://meetingowl.jp/

ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:小嶋 智彰)は、12月8日(金)より、360度webカメラ「Meeting Owl Pro」の後継モデルである「Meeting Owl 3(ミーティングオウル 3)」(198,000円・税込)、同製品の専用拡張マイク(49,500円・税込)を販売開始いたします。


「ミーティングオウル 3」は、これまでに日本国内で3万台以上の出荷実績がある360度webカメラ「ミーティングオウル プロ」の3年ぶりとなる新型機です。「ミーティングオウル 3」は360度カメラとAIによるオートフォーカスで、web会議でもまるでその場にいるような感覚で会議に参加できます。マイクとスピーカーも搭載しているので、本製品1台でweb会議に必要な機材が揃います。
合わせて、「ミーティングオウル 3」専用の拡張マイクも同時に販売開始いたします。 「ミーティングオウル 3」と前作「ミーティングオウル プロ」の大きな違いは、専用の拡張マイクに接続可能となり、より大きな会議室に対応できたことです。拡張マイクとの接続で、設置方向にカメラ本体の集音距離を伸ばし、本体から遠い席に座る方の声もはっきり聞こえます(注1)。さらに2台連結機能と合わせて、最大30人までの大会議室にも利用可能になりました。
ミーティングオウルシリーズは常にソフトウェアの更新を受けており、その結果、機能とユーザーエクスペリエンスが向上しています。現在のファームウェア(注2)では、より綺麗な画質を届けることができます。さらにフォーカスもより迅速になりました。
注1:部屋の広さにより、収音効果に違いが生じる可能性がございます。
注2:本文が指しているファームウェアは、バージョン6.1.10.38です(2023年11月8日リリース)


【 ラインナップ 】






注3:専用拡張マイクは、「ミーティングオウル 3」のみと接続可能です。「ミーティングオウル プロ」に接続できません。

【 「ミーティングオウル 3」とは 】

■話者に自動フォーカス Power Up
360度カメラと独自のAIシステムにより、本製品は会議中の発言者を自動で認識し、フォーカスを当てます。そのため、誰が話しているのかがすぐに分かります。
ファームウェアの更新により、映像の安定性やフォーカスの速度など、改善と進化を続けています。発言者を認識して自動でフォーカスするまでの時間がより速くなりました。



■web会議で必要な機材が1台で揃う
カメラだけでなく、マイクもスピーカーも搭載。
多くの機材を揃える必要はなく、本製品1台だけで、会議室で快適にweb会議を開始できます。








■PC接続だけで会議を開始できる
本製品を使用し、web会議を開始したい時は、
USBケーブルでパソコンに接続するだけで準備できます。
複雑な設定を行う必要がないため、どなたでも簡単に会議を開始でき、持ち運びも容易なため使う場所も選びません。



■拡張マイクの接続で大会議室に対応 New


「ミーティングオウル 3」は拡張マイクの接続に対応しました。拡張マイクを接続することで、カメラ本体の集音距離を設置方向に2m伸ばし、全体の収音範囲を13mに伸ばせます。
また、「ミーティングオウル 3」本体を二台連結させる機能と組み合わせて使うこと(注4)で、30人までの幅広い会議室でお使いいただけます。


注4:本体1台につき接続できる拡張マイクは1個までです。




■専用アプリで調節自在
専用のアプリを使って画面と音声のコントロールを行なうことができます。カメラ映像の明るさ、コントラストなどを手動で調整するや、スピーカーの音量、ノイズキャンセリングのレベル調整が可能です。


・発言者を追跡可能
アプリ中の「プレゼンターエンハンス機能」を使用することで、発言者1名をカメラがフォーカス、追跡する機能も体験可能です。
商談でのプレゼンテーション、学校のセミナーなど、幅広いシーンでご活用いただけます。

【 対応可能の会議室イメージ 】
「ミーティングオウル 3」は、拡張マイクに接続すること、本体を2台連結する機能を利用できます。その組み合わせにより、会議室の大きさに応じた最適なソリューションのご提案が可能になりました。

■2台連結機能とは
本製品は、専用アプリの連結機能を使って、2台のミーティングオウルをペアリングできます。マイクの認識可能半径が、1台使用時より、約2.5m拡大されます。 2台連結させることで、ミーティングオウル本体から遠くにいる発言者をより見やすく表示させることもできます(注5)。
注5:使用するには、ミーティングオウルをアプリに登録し、最新版にアップデートする必要があります。

■2~10名の会議室
「ミーティングオウル 3」本体1台での対応をおすすめします。


■10~18名の会議室
「ミーティングオウル 3」本体1台と、拡張マイク1台を接続して対応できます。

■18~30名の会議室
「ミーティングオウル 3」本体2台と、拡張マイク2台を接続して対応できます。





製品概要
「Meeting Owl 3(ミーティングオウル 3)」



「Meeting Owl 3 拡張マイク」



動作環境
「Meeting Owl 3(ミーティングオウル 3)」



コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
 (C) 2023 Owl Labs Inc.


お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマーセンター
■ご購入前相談窓口:
https://www.sourcenext.com/support/form/InquiryForm0218
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]