中国最大級の中国人KOL登録数10万人超!中国有数のインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「PARKLU」、ついに日本に本格参入

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年11月11日(水)
PARKLU
Fortune 100企業含むグローバルブランドの中国向けPR等、美容、ファッション、飲食、ラグジュアリー、旅行などあらゆる分野において、2,500を超えるキャンペーン実施実績

中国人KOL*(インフルエンサー)登録数10万人を超える中国有数のKOLマネジメント・分析プラットフォーム企業PARKLU Consulting (Shanghai) Limited(本社:中国・上海、Founder & CEO:Kim Leitzes、以下「PARKLU」)は、アジア向けクロスボーダーマーケティング支援を展開する株式会社セカイエ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木 太一郎、以下「セカイエ」)と日本市場参入に関する契約を締結し、同社を日本戦略パートナーとして、今後、日本市場にフォーカスし、本格的に参入いたします。 (*KOLとはKey Opinion Leaderの略で、中華圏のソーシャルメディア上でフォロワー数が多く影響力のある人物のこと。インフルエンサーと同義。) ▼ PARKLU:https://www.parklu.com







「PARKLU」日本本格参入の背景

中国では、新型コロナ禍におけるデジタルシフト並びに「リベンジ消費」により、オンライン消費を含む消費活動が加速・活発化し、それに伴い中国越境ECなどがさらに勢いを増しています。また、毎年11月11日に開催される中国最大のECセール「独身の日」などの活況や、越境ECの鍵となるライブコマースへのニーズの増加に伴い、ライブコマースの市場規模も急速に拡大しています。日系企業含め世界中の企業は、中国の巨大な購買力を取り込もうと、中国向けに商品・サービスの認知拡大や販売促進を図るために、積極的にSNSを活用したPR活動を行っています。その鍵を握るのが中国人KOLの活用であり、KOLマーケティング施策です。

そのような環境下において、KOLマネジメント・分析プラットフォーム「PARKLU」を活用し、中国人KOLを活用した中国向けPRキャンペーン(*)の実施を希望する日系ブランド様や日系エージェンシー様からのお問い合わせが増えています。すでにPARKLUのプラットフォームを活用して中国向けにPRキャンペーンを実施している日系の大手ブランド様もおり、中国でのブランド認知拡大や販売促進に成功しています。

今後、より多くの日系ブランド様や日系エージェンシー様の中国向けKOL PRキャンペーンの実施を支援していく必要性があると判断し、この度、日本市場にフォーカスし、本格的に日本市場に参入することに至りました。

*中国人KOLを活用した中国向けPRキャンペーンのタイプ
中国向け商品ギフティング/サービス体験型PR(ソーシャルコマース含む)、中国向けライブコマース(SNSを使用したライブ配信での販売促進)、ポストコロナを見据えた訪日中国人観光客向けプロモーション、等


KOLマーケティングプラットフォーム「PARKLU」の概要

■ KOLマネジメント・分析プラットフォームの中国パイオニア
PARKLUは、中国有数のKOLマネジメント・分析プラットフォームであり、ブランドが中国人KOLの分析、コラボレーション、キャンペーンの実施を一元管理することを可能にした中国のパイオニアです。
PARKLUのプラットフォームは、トップクラスを含む中国人KOLとの関係構築、キャンペーン実施、リアルタイムでの効果測定などのデータドリブンな分析を可能にし、SNS分析/キャンペーンのセットアップから、KOLエンゲージメント、KOLの選定・キャスティング、キャンペーンアクティベーション・実施、レポーティング/トラッキングまで、中国向けKOLマーケティングキャンペーンの一元管理が可能です。

■ 10万人を超える中国人KOLにアクセス可能
PARKLUが独自に保有するKOLデータベースは、美容、ファッション、エンターテインメント、飲食、旅行、キッズ・ペアレンツ、健康・フィットネス、ホーム&デザインなどのカテゴリーにおいて、Weibo、WeChat、Bilibili、RED、Douyinなど中国の主要な10つのSNSプラットフォーム上で活動する10万人を超える中国人KOLにアクセスが可能で、中国人約9億人(登録KOLの総フォロワー数)にリーチが可能です。

■ Fortune 100企業から独立系レーベルまで世界中のブランドが活用
Fortune 100企業から独立系レーベルまで世界中のブランドやエージェンシーが、PARKLUのKOLマネジメント・分析プラットフォームを活用し、KOL戦略/プランニング、キャンペーン実施前後の分析、キャンペーン実施中のモニタリング、KOLの発見・発掘を行っています。美容、ファッション、飲食、ラグジュアリー、旅行などあらゆる分野において、これまで2,500を超えるPRキャンペーン実施の実績があります。




KOLマーケティングプラットフォーム「PARKLU」の主な機能

1. 中国人KOLの発見・発掘
ブランド名/キーワード検索、コンテンツのタグ付け、オーディエンス・クレディビリティ、デモグラフィック
2. KOLレコメンデーションのカスタマイズ
ブランドに特化したKOLの推奨、キャンペーンに特化したKOLの推奨
3. KOL分析のベンチマーキング/モニタリング
キャンペーンパフォーマンスのモニタリング、競合分析、SOV(Share of Voice)、KOLメディアバリュー
4. KOLリアルタイムプライシング
KOL200名以上のキャンペーンに特化したリアルタイムプライシング、アプリ(KOLコラボレーションキャンペーン情報のリアルタイム更新)
5. キャンペーン管理
KOL概要(コラボレーション条件)、クリエイティブコラボレーションマネジメント、KOLコンテンツの承認
6. カスタマイズされたデータ/レポート
キャンペーンインサイトレポート、Weitao KOLのトラッキング、WeChatモーメンツのトラッキング




「PARKLU」の中国人KOLについて

PARKLUのKOLマネジメント・分析プラットフォームは、10万人を超える中国人KOLにアクセスが可能で、KOLとのコラボレーションを可能にし、中国人約9億人(登録KOLの総フォロワー数)にリーチが可能です。

KOLの内訳は、中国(中国本土、香港、台湾)在住の中国人KOLが88.4%、海外在住の中国人KOLが11.6%です(2020年11月現在)。

KOLのフォロワー数による分類は、トップクラスのKOL(フォロワー数:100万人以上)が12%、ミドルクラスのKOL(フォロワー数:30万人以上100万人未満)が36%、マイクロKOL(フォロワー数:10万人以上30万人未満)が52%です(2020年11月現在)。

KOLのカテゴリーは、ファッション24%、美容17%、エンターテインメント13%、キッズ・ペアレンツ9%、飲食6%と続きます(2020年11月現在)。




PARKLUについて



PARKLUは、中国有数のKOLマネジメント・分析プラットフォームを運営する中国系企業です。中国人KOLの登録数は、中国の主要な10つのSNSプラットフォームにおいて10万人を超え、約9億人の中国人にリーチが可能です。PARKLUのKOLマネジメント・分析プラットフォームは、美容、ファッション、飲食、ラグジュアリー、スポーツ、旅行などあらゆる分野において、Fortune 100企業や日系の大手ブランドをはじめとする世界的なブランドや世界的なリーティングカンパニーに利用されています。現在、上海、香港、シンガポールにオフィスを構えています。

【PARKLU Consulting (Shanghai) Limited 会社概要】
会社名:PARKLU Consulting (Shanghai) Limited
所在地:Room 408-409, 4F Yongyin Building, 218 Tibet South Road, Huangpu District, Shanghai, China
代表者:Kim Leitzes, Founder & CEO
設立:2011年2月25日
事業内容:KOLマネジメント・分析プラットフォームの運営
URL:https://www.parklu.com

【株式会社セカイエ(PARKLU日本戦略パートナー) 会社概要】
会社名:株式会社セカイエ
所在地:東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
代表者:代表取締役 鈴木 太一郎
設立:2015年12月15日
事業内容:アジア向けクロスボーダーマーケティング支援
URL:https://www.sekai-e.jp/home

・本件に関するお問い合わせ(※日本語でお問い合わせいただけます。)
PARKLU日本窓口(株式会社セカイエ)
E-mail:contact@sekai-e.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]