弁護士450名に相談できるサブスク型の中小企業・個人事業主向け法律・経営相談サービス「ローヤーズリンク・フォービー」開設のお知らせ

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年12月15日(火)
株式会社シープロド
株式会社シープロド(代表:小林茂雄、本社:東京都新宿区西新宿7-2-6)は、サブスクリプション型の中小企業・個人事業主向け法律・経営相談サービス「ローヤーズリンク・フォービー」を開設いたしました。サブスクリプション型月額980円で、パソコン、タブレット、スマートフォンを通じて、全国450名の弁護士に一斉に、何度でも相談ができます。資金不足、雇用問題、風評被害など、コロナ禍で膨らむ、中小企業・個人事業主の様々なリスク対応に、役立てていただくことを目的としています。



大企業に比べて、中小企業はリスクが多いにもかかわらず「法務部」など組織的な防御はほぼありません。さながら、鉄筋コンクリートでスプリンクラーまであるのが大企業、木造住宅なのに消火器すらないのが中小企業、と言えます。このリスクマネジメント格差は、コロナ禍のような状況では、事業存続に大きく影響します。

<現在、中小企業の抱える問題>

◆仕事が激減して、運転資金をどう補填、調達したらいいのか?

◆取引先から急な契約解除を言い渡されたが、最良な対抗措置はあるのか?

◆家賃の支払い期限が来ているが(売上がなく)支払えない。どうすればいいのか?

◆従業員に対しての休業、自宅待機を要請する場合、給与など待遇はどうするのか?

◆やむなく解雇を通達する場合、何に注意して、どう伝えたらいいのか?

◆コロナ関連で自社の悪評が広まっているが、なんとかならないのか?

◆自社のコロナ対策に関して、顧客や従業員からクレームが来ているが、どう対応したらいいのか?

<弁護士を活用しない理由>

これらのリスクマネジメントには、「弁護士」の活用が有効ですが、中小企業が弁護士を活用できない、活用しない理由、課題があります。

■資金的負担が大きい
弁護士の企業顧問料は、月額5万円、年間60万円が相場。中小企業にとって少ない負担ではありません。

■弁護士は訴訟の時にだけ必要だと思っている
日常的な相談相手というより訴訟のときにのみ使うのが弁護士、という印象を持つ中小企業の社長は多いのです。

■時間がない
多くの中小企業の場合、リスクマネジメントは社長の専任事項です。社長は多忙であり、複数の弁護士に意見を聞くことの必要性を理解していても、弁護士を探す時間も、相談する時間もありません。



このような理由、課題を解決すべく「ローヤーズリンク・フォービー」を開設しました。
月額固定980円でリーズナブルに法律相談ができるうえ、全国450名の弁護士に一斉に相談ができるため、複数の弁護士の見解を一度に聞くことができるということも、大きなメリットです。些細なことでも専門家に相談することで、トラブルの防止、大トラブルへの発展を抑制します。コロナ禍の今、多くの中小企業・個人事業主に活用していただきたいサービスです。


<ローヤーズリンク・フォービー 概要>

■URL:https://lawyerslink.jp/
■機能詳細:https://lawyerslink.sakura.ne.jp/
■特徴:
1)相談者(ビジネスユーザー)利用料は、サブスクリプション型月間980円
2)全国450名の弁護士に一斉に、何度でも相談可能
3)匿名で利用可能
4)地域、注力分野などで弁護士検索が可能
5)個別の弁護士に対し、メッセンジャー機能を通して連絡可能
■問合せ先:forb@lawyerslink.jp

<運営会社 概要>

■社名:株式会社シープロド
■代表:小林茂雄
■本社住所:東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル3階 B-6
■URL:http://www.cprod.com/
■プライバシーマーク登録番号:10860303
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]