「ミエルカヒートマップ」のABテスト強化、「クロスドメイントラッキング」機能搭載

Faber Company、ドメインをまたいでコンバージョンを計測、効果的な案を正確に測定

ウェブマーケティング支援事業のFaber Company(ファベルカンパニー)は、同社のUI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザー体験)・CVR=コンバージョン(最終成果)率=改善ツール「ミエルカヒートマップ」のABテストを強化した、と5月27日発表した。ドメインをまたいでコンバージョンを計測する「クロスドメイントラッキング」機能を搭載した。

アイコン

ABテストは複数の案を比べてどれが効果的か調べる手法。クロスドメイントラッキング機能は、ABテストをしているサイトとは別のサイトでも、ユーザーのコンバージョンを追跡する。例えば、商品の広告ページと購入完了のページが異なるドメインでも、広告ページでABテストを実施する際に購入完了ページへの到達をコンバージョンに設定できる。

異なるドメインをまたいだCV計測が可能に

ABテストで設定した複数の案の中で、コンバージョンに最も効果的な案の正確な測定が可能になる。事前設定はドメインを入力してタグを設置するだけで、ゴールを設定する時に計測ドメインを選ぶことで、異なるドメインでのクリックやページの閲覧をゴールにできる。ミエルカヒートマップは2016年10月に提供を始め、累計2500社以上が導入した。

設定方法のイメージ図
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]