RIZAPが「chocoZAP」で新サービスを本格的に開始、「スマートライフジム」がキーワード

カラオケ・ランドリー・セルフフォト・トレサポやメディカル(MRI・CT検査)など7種を導入

RIZAP(ライザップ)グループは、傘下でトレーニングジム事業のRIZAPが運営する低料金の無人ジム「chocoZAP(チョコザップ)」で、新たなサービスを3月28日から本格的に始める、と同日発表した。①カラオケ②洗濯・乾燥機(ランドリー)③ピラティス④セルフフォト⑤キッズパーク⑥トレサポ⑦「chocoZAPメディカル」(医療提携)=MRI・CT検査--の7種類。

RIZAPはchocoZAPを「コンビニジム」と呼ぶ。オープン1周年の2023年9月にジム機能に加え、セルフホワイトニング、セルフネイル、マッサージチェアなどの新サービス6種を導入した。今回「スマートライフジム」をキーワードに、chocoZAPを通じて提供するサービスを拡充することにした。各サービスは月額3278円(税込み)から追加料金なしで利用できる。

7種の新サービスのうち④は、セルフ写真館で撮影するような写真が撮影でき、体の変化を定期的に記録する用途にも使える。撮影した画像データはスマートフォンなどに保存可能。⑦は、提携医療機関の頭部MRI検査か胸部・腹部CT検査が最大年1回受けられる。検査は最短15分ほどで終わり、電子データのレポートで結果が届くため、再来院の必要がない。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]