【2023年】Z世代トレンドランキング!「蛙化現象」ならぬ「蛇化現象」が流行?【サイバーエージェント調べ】

特にジェネレーションギャップが大きかったのは「ひき肉です」や「#なぁぜなぁぜ」。

サイバーエージェントは、「2023年Z世代ヒットトレンドランキング」を発表した。Z世代の間で「今年本当に流行ったもの」を調査し、その上の世代とのジェネレーションギャップについても調べている。

2023年はZ世代にとって「推しの子」の年?

Z世代全体ランキング TOP30

1位はアニメ『【推しの子】』の主題歌であるYOASOBIの『アイドル』。2位にも『【推しの子】』がランクインし、圧倒的な人気を誇った。3位は中学生YouTuberグループ「ちょんまげ小僧」の「ひき肉です」、4位は米大リーグで活躍中の「大谷翔平選手」、5位はTikTokでバズった「#なぁぜなぁぜ」が続いた。

また、昨年話題になった「蛙化現象」のカウンターパンチとして今年新たに生み出されたのが「蛇化減少(13位)」。好きな異性のどんな部分も受け入れることを指す言葉で、主にSNSを中心に流行している。

ジェネレーションギャップランキング TOP10

Z世代(15~25歳以下)と上の世代(26~59歳以上)の回答の差を集計した「ジェネレーションギャップランキング」では、YouTube発とTikTok発の項目が上位に。最も差が大きかったのは「ひき肉です」で、Nintendo Switchのパズルゲーム「スイカゲーム」やYouTuberのHIKAKINによるカップラーメン「みそきん」が続いた。

参考:各部門ランキング

ヒットニュースランキング

今年のヒットニュースランキングでは、「TwitterがXに改名」「スシロー醤油事件」「King&Princeメンバー脱退」など、Z世代にとって身近なニュースが上位に。一方で、「ジャニーズ性加害事件」「ビッグモーター不正問題」などは、上の世代との数値差が比較的少なかった。

アプリ・WEB部門

アプリ・WEB部門では、1日に1回のランダムな通知に合わせて日常の写真を共有する無加工SNS「BeReal」が1位に。2位のMeta社が提供するテキスト共有SNS「Threads」とは20ポイント近い差をつけた。3位は位置情報共有アプリの「Whoo」が入った。

調査概要

  • 【調査対象】全国男女15歳~59歳
  • 【調査人数】Z世代(16~25歳)の高校生・大学生・社会人1,256サンプル/26~59歳1,648サンプル
  • 【調査期間】2023年11月13日(月)~ 11月14日(火)
  • 【調査手法】①Z世代(16~25歳)30名への定性調査より計438の「2023年に流行した」調査項目の洗い出し ②インターネットリサーチ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

LTV
LTVとは、顧客が企業やブランドと継続的に取引を行うことで、顧客が企業にもたらす ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]