「Uber Taxi」が川崎市でサービス開始 横浜市もサービスエリアや配車台数を大幅拡大

Uber Japanがタクシー会社5社と個人タクシー協同組合と提携、「Uberアプリ」で呼べる

配車サービス大手の米国Uber Technologiesの日本法人、Uber Japanは川崎市内で「Uber Taxi」のサービス提供を11月20日に始めた、と同日発表した。配車アプリ「Uberアプリ」を使ってタクシーを呼べる。川崎市はUber Taxiを利用できる21カ所目の都市で、神奈川県内では横須賀市、横浜市に次いで3カ所目。横浜市内のサービスエリアも拡大し、配車可能なタクシー台数も大幅に拡充する。

川崎市内のタクシー会社5社と個人タクシー協同組合との提携で実現。川崎市川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区で合計300台以上のタクシーがUber Taxiに加わった。川崎市内全域で配車できるようタクシー会社と引き続き協議する。川崎市でのサービス提供を記念してプロサッカークラブの川崎フロンターレとクラブパートナー契約を締結し、後援会員向けに「Uber Taxiシート」が3000円分のUberギフトカードと共に販売される。

横浜市内でのサービスも同日に大幅拡充した。2022年12月にサービス提供を開始した横浜市西区、中区、神奈川区、南区、港南区、磯子区の環状2号線の北側に加えて、鶴見区、港北区、都筑区、青葉区の一部、保土ヶ谷区、栄区、戸塚区の一部、港南区、磯子区の全域が新たにサービスエリアに入った。これによって、横浜市内で1200台以上の配車可能タクシーがUber Taxiに新たに加わった。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

MSNbot
MSNbotは、Microsoft社が用いていたクローラー(ロボット)の一種。同 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]