YouTubeをテレビで視聴するユーザーが月間3,800万人に。ショート動画の利用もますます加速? 【Google調べ】

マーケター向けイベント「Brandcast」での発表内容を紹介。Z世代の約7割が「YouTubeショート」を利用中。

Googleは、マーケターのためのYouTubeの祭典「YouTube Brandcast 2023」を開催し、YouTubeの最新動向や活用事例などを発表した。なお、国内におけるYouTubeの月間ユーザー数は7,120万人を超え、幅広い世代で利用が進んでいる。

YouTube月間ユーザー数(国内・18 歳以上)は7,120万人超

テレビ視聴が主流に? マルチ化が進むYouTube

視聴デバイスやフォーマット、動画の尺、ジャンルなどが「マルチ化」

発表によると、最近のYouTubeでは「マルチ化」が進んでいるという。特にデバイスにおいては、インターネットに接続した「コネクテッドテレビ(CTV)」での視聴が増加。CTVでのYouTubeの月間ユーザー数は、2023年6月時点で3,800 万人を超えた。

従来の長尺・横型動画に加え、「YouTubeショート」の視聴が増加

また、動画の尺やフォーマットも多様化している。2023年7月の調査では、YouTubeショートの1日あたりの平均視聴回数が前年比110%以上に増加。特にZ世代(18歳〜24歳)においては、約7割が「ショート動画を利用している」と回答していた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]