プロテイン市場が5年間で約2.7倍に急拡大。コロナ禍で「健康志向」が高まった?【インテージ調べ】

ダイエットや筋トレの強い味方! 手軽にタンパク質をとれる「プロテイン」に注目。

インテージは、プロテイン市場に関する調査を実施した。商品名に「プロテイン」と付く食品・飲料群の金額市場規模の推移等を調べている。

プロテイン市場、コロナ禍の健康志向で急拡大?

商品名に「プロテイン」と付く食品・飲料群の金額市場規模指数

プロテイン市場の市場規模は右肩上がり。2017年を100とすると、即食タイプのプロテイン系飲料やバータイプ食品が各社から発売された2019年には157に急拡大し、2022年には272に達した。

名称に「プロテイン」が含まれる商品購入者の口コミ約4.5万件についての共起ネットワーク分析

また、買物アプリ「CODE」の口コミデータから、プロテイン商品購入理由や生活者のニーズを分析すると、主に「糖質制限」「栄養補給」「たんぱく質摂取」といった目的があることがわかった。また、「ダイエット時のおやつ」や「運動前中後」といったシーンにも多く活用されていた。

生活者のニーズやシーン別の口コミ商品数と口コミ

生活者のニーズごとに口コミ件数、口コミされている商品数を見ると、「たんぱく質摂取」は2020年~2021年のコロナ禍を経て、健康志向の高まりとともに急増。一方で、「糖質制限」は2020年をピークに減少傾向となった。

調査概要

  • 【調査対象】全国15歳~79歳の男女
  • 【有効回答数】53,600人
  • 【調査方法】SCI(全国消費者パネル調査):食品(生鮮・惣菜・弁当などを除く)・飲料・日用雑貨品・医薬品の日々の買い物を継続的に収集している全国個人消費者パネル調査。/リサーチ・アンド・イノベーション提供の買い物アプリ「CODE」:口コミ数約5,900万件、評価レビュー約9,700万件を蓄積。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーテスト
Webサイトやソフトウェア、製品などの使いやすさ、使い勝手を実際にユーザーに試し ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]