博報堂DYがウェルビーイング向上に役立つ「ウェルビーイング・リコメンドエンジン」を開発

エンジン活用のリコメンドの仕組み「Well-Giving Cycle」提供、企業の関連事業開発を支援

博報堂DYホールディングスは、同社の研究開発部門「マーケティング・テクノロジー・センター(MTC)」と、同社傘下の博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」が、ウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態)向上に役立つリコメンドをするエンジン「ウェルビーイング・リコメンドエンジン」を開発した、と8月24日発表した。特許を取得した。

好みや価値観など心理的情報に基づき、生活者1人1人のウェルビーイングを高めるリコメンドを実現する。ウェルビーイング・リコメンドエンジンを活用したリコメンドの仕組みを「Well-Giving Cycle(ウェルギビング・サイクル)」と呼んで提供。ウェルビーイングの事業・サービスや商品を生活者とつなぐことができ、企業の関連事業やサービス開発を支援する。

Well-Giving Cycleは、生活者の属性などの客観的なデータや、性格・価値観などそれぞれの生活者の主観的なデータから、ユーザーの潜在的な心理状態を表現する因子を分析。サービスや情報にひも付けてユーザーにリコメンドする仕組み。生活者1人1人に合わせたリコメンドが可能なほか、企業はその結果を踏まえて新たな商品・サービス開発などに活用できる。

「Well-Giving Cycle」とは
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]