スポーツ観戦は動画配信サービスが主流? 6割弱の人が「スポーツ中継のために新規登録」【Appliv調べ】

スポーツ観戦のために登録したサービスは「Amazonプライムビデオ」が最多。

アプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」を運営するナイルは、スポーツ中継と動画サービスの利用状況に関するアンケート調査を実施した。10代~60代の男女660人が回答している。

スポーツ観戦目的で動画サービスに加入した人は56.7%

スポーツ中継を視聴するために動画配信サービスに新規加入・利用したことがあるか

まず、スポーツ中継を視聴する目的で動画サービスに新規加入・利用した経験があるかを聞くと、56.7%の人が「ある」と回答した。

スポーツ中継を視聴するために加入・利用したサービス(複数回答)

新規加入・利用したサービスを聞くと、「Amazonプライムビデオ」が最も多く、以下「ABEMA」「DAZN」と続いた。

新規登録のきっかけは「野球・サッカー観戦」が圧倒的

動画配信サービスに新規加入・利用した理由(複数回答)

新規登録をした理由としては、「独占配信される特定の試合が観たいから」が最多に。「好きな場所や好きなタイミングで見られる」「価格が魅力的」といった利便性を評価する声も多かった。

動画配信サービスに新規加入・利用したきっかけのスポーツ(複数回答)

新規登録のきっかけとなったスポーツは「野球」「サッカー」が圧倒的。サッカーワールドカップやワールドベースボールクラシックなど、注目度の高い試合が大きく影響しているようだった。

登録後の継続率は「アマプラ」が断トツ

スポーツ中継を視聴するデバイス

スポーツ中継を視聴するデバイスは「スマートフォン(40.6%)」が1位に。2位の「テレビ」とは約1.7倍の差をつけていた。

【サービス別】新規加入・利用後の継続割合

また、新規加入・利用者数が多かった上位5サービスについて、現在の利用状況を聞くと、ほぼ全てのサービスで半数以上が「継続中」という結果に。特に「Amazonプライムビデオ」の継続率は79.1%となった。

調査概要

  • 【調査対象】半年以内にスポーツ中継を視聴した全国の10代~60代男女
  • 【調査機関】ジャストシステム
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2023年8月7日~2023年8月14日
  • 【有効回答数】660人(男性:336人/女性:324人)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]