CTV視聴データ活用広告配信「UNIVERSE TV-Audience Targeting」が「Ponta」データと連携

マイクロアド、実店舗での購買分析を新たに開始、数値化が難しい購買への寄与度を可視化

データプラットフォーム事業のマイクロアドは、同社が展開するCTVの視聴データを活用した広告配信サービス「UNIVERSE TV-Audience Targeting」で、広告配信の効果計測として実店舗での購買分析を始める、と8月22日発表した。ポイント・マーケティング事業のロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」が保有するデータと連携する。

CTVはコネクテッドテレビの略で、インターネットに接続したテレビ端末を指す。UNIVERSE TV-Audience Targetingは、CTVの視聴データを基に特定のテレビ番組やCMの視聴者層にインターネットメディアで広告配信するサービス。視聴態度に応じて商品・サービスが訴求できる。効果計測では広告に反応したユーザー群の興味・関心を可視化・分析したレポートを提供している。

今回Pontaと連携したことで、広告配信の効果計測で実店舗での購買分析を新たに開始。数値化が難しいテレビCMの視聴やデジタル広告配信による購買への寄与度が可視化できる。テレビCMだけを視聴した群▽テレビCMの視聴とデジタル広告を閲覧した群▽デジタル広告だけ閲覧した群--それぞれのユーザー群の広告視聴・配信後の訴求対象商品・サービスの広告効果が分かる。

広告配信後の購買分析
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SaaS
クラウドを介して提供されるソフトウェアサービスのこと。 従来一般的だったパ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]