「Meta認証」サブスクリプションを日本で開始、「Instagram」と「Facebook」で利用可能

Meta、認証バッジ・なりすましに対するアカウント保護・アカウントサポートなどを提供

米国Metaは、契約ユーザーに認証バッジ、なりすましに対するアカウント保護、アカウントサポートなどを提供するサブスクリプション(定額課金)「Meta認証」を日本でも7月13日から順次始める、と同日発表した。「Instagram」と「Facebook」で利用できる。若いクリエイターは、存在感を高めてより早くコミュニティーを構築しやすくなるという。

Meta認証サブスクリプションは「iOS」「Android」が月額1990円、ウェブ上では同1592円。Meta認証が使えるのは、利用資格を満たす個人か「プロフェッショナルプロフィール」を利用しているクリエイターのみとなる。Meta認証サブスクリプションの特典は①認証バッジ②なりすましに対するアカウント保護③アカウントサポート④登録者限定機能。

①は、公的機関発行の本人確認書類を提出すると登録者が実在の人物でアカウントが本物だと示す。②は、注目を集めるアカウントを狙う可能性があるなりすまし対策でアカウントを積極的にモニタリングする。③は、一般的な問題に関する担当者による日本語のサポート。④は「ストーリーズ」や「リール」で利用できる特別なスタンプを用意する。

「ビジネスプロフィール」はMeta認証サブスクリプションの申請対象ではないが、長期的には全ユーザーのためのサブスクリプションを構築する。公人、著名人、有名人、ブランドとして特定の要件を満たし、既に認証バッジを取得しているアカウントは認証バッジが無料で維持され、アカウントとコミュニティーの安全を守るモニタリングも続ける。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]