さくらインターネットが生成AI向けクラウドサービス展開に向けて大規模インフラを整備

GPUクラウドサービス構築、AIに関するコンピューティングリソースの安定供給確保へ

クラウドコンピューティングサービス事業のさくらインターネットは、生成AI(人工知能)向けクラウドサービスの展開を目指す、と6月16日発表した。AI時代を支えるGPU(画像処理装置)クラウドサービスとなり、同社が運営する「石狩データセンター」(北海道石狩市)=写真=に高性能GPUを搭載した大規模インフラを整備する。3年間で130億円規模の投資を行う。

経済安全保障推進法に基づく特定重要物資となる「クラウドプログラム」の供給確保計画に関する経済産業省の認定を受けた。AIに関わるコンピューティングリソースの安定供給確保は日本のデジタル社会発展に不可欠、と判断して申請した。認定は民間で初という。大規模言語モデルなど生成AIを中心とした利用を想定し、GPUクラウドサービスを構築する。

GPUには、米国半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)の「NVIDIA H100 Tensor コア GPU」を2000基以上採用。高い演算性能と拡張性に優れるサービスにする。サービス開始は2024年1月以降を予定している。サービスのラインアップや料金体系などサービス内容に関するアンケートを同日始めた。アンケートでは、無償トライアルと有償の先行利用が申し込める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]