Sansanの名刺管理サービス「Eight Team」とサイボウズの「kintone」が連携

中小企業向け、名刺情報をkintoneに取り込んでCRMとして活用、手入力や更新作業を削減

名刺管理・請求書データ事業のSansanは、中小企業向け名刺管理サービス「Eight Team」と、業務支援クラウド事業のサイボウズが提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」と連携する、と6月7日に発表した。Eight Teamで共有している名刺情報をボタン1つでkintoneへ反映できる。顧客情報の手入力作業がなくなり、正確に即時に反映してビジネス機会の創出を後押しする。

連携のイメージ

 

データ連携の仕組みのAPIによって、Eight Teamで管理されている会社、部署、氏名、メールアドレス、電話番号などの名刺情報をkintoneに同期する。データの手入力による誤字脱字や表記ゆれを解決し、データファイルのインポート作業の手間を省いて更新作業を大幅に削減。業務を効率化する。キャリアプロフィールサービス「Eight」で更新された名刺情報をkintoneに反映できるので、転職や役職の変更にもいち早く対応できる。

マーケティングや営業活動には顧客情報の活用が必要不可欠で、蓄積した顧客情報を最新の状態に保つには大きな工数が発生するが、Eight Teamでの管理名刺情報がkintone上に反映されることで、kintoneをCRM(顧客情報管理)として活用できる。Eight Teamのユーザーからkintoneとの機能連携を希望する声が以前からSansanに寄せられていた。利用にはEight Teamとkintoneの両サービス契約と月額6000円のオプション料金が必要。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]