アドビが「Adobe Photoshop」に生成AIで「ジェネレーティブ塗りつぶし」機能を搭載

生成AI「Adobe Firefly」に機能追加、画像に拡張やオブジェクトの追加・削除が可能に

米国アドビは、ジェネレーティブ(生成)AI(人工知能)の「Adobe Firefly(ファイアフライ)」に追加した「ジェネレーティブ塗りつぶし(Generative Fill)」機能を画像編集アプリケーションの「Adobe Photoshop」に搭載した、と5月23日(米国太平洋時間)発表し、日本語抄訳を公表した。簡単なテキストプロンプト(指示)で画像にコンテンツを数秒で追加、拡張、削除する。元イメージに影響を与えず「生成レイヤー」で編集できる。

画像の遠近感やライティング、イメージのスタイルに自動的にマッチングさせ、退屈な作業を楽しくできる。日常の言葉や概念で指示するだけで手軽にコンテンツを生成できるので、クリエイティブな表現と生産性が拡大する。Adobe Fireflyは安全に商業利用が可能な画像を生成するように設計された。何億枚ものプロ仕様のライセンス取得済み高解像度画像でトレーニングされており、IP(知的財産)を侵害するコンテンツを生成しない。

テキストをタイプするのと同じスピードでアイデアを試し、さまざまなコンセプトを無限のバリエーションで高品質なコンテンツを生成する。ジェネレーティブ塗りつぶし機能はAdobe Photoshopデスクトップ版のベータ版に搭載され、Adobe Fireflyと統合した最初の「Adobe Creative Cloudアプリケーション」となった。日本語入力は後日対応する。23年後半に一般公開され、Adobe Firefly(ベータ版)単独モジュールでも提供される。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]