ロイヤルホールディングスがDX店舗の天ぷら専門店「TEN Labo」を東京・錦糸町に開店

会員証NFTを活用、サービス向上とともに顧客と店舗・従業員などとの関係性を深める

外食事業のロイヤルホールディングスは、DX(デジタル変革)飲食店舗の天ぷら専門店「TEN Labo」を東京・錦糸町(墨田区江東橋)に4月27日に開店する、と4月10日発表した。外食産業の新しいビジネスモデルとして会員証NFT(譲渡不可能トークン)を活用。サービスの向上を図るとともに、顧客と店舗・従業員、生産者との関係性を深める。

TEN Labo

1席ごとにタブレットを用意し、好きな順番、好みの食べ方で天ぷらが注文できるようにする。保有する会員証NFTをタブレットにかざすと、その顧客専用のタブレット機能になり、アレルギーや嫌いな食材の情報を事前に入力することで安心して食べられる。いつも注文するメニューの作成、特別メニュー、デジタルボトルキープも可能。

一部の食材はタブレットで生産者情報が見られ、生産者は顧客から評価(いいね!)されることでトークンが分配される。従業員も顧客から評価されるとトークンが分配され、働く意欲やサービス水準向上につながる。食材の発注や従業員の勤務スケジュール作成などの間接業務は自動化し、従業員が調理と接客に専念できる環境をつくる。

会員証NFTの仕組み
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]