日本発のブランドが対象の「Best Japan Brands 2023」トップ100。1位は15年連続で「Toyota」【インターブランド調べ】

ブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2023」発表。特に成長率が高かったのはYakult、WORKMAN。

インターブランドジャパンは、日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2023」を発表した。独自のブランド価値評価手法である「Brand Valuation」を用いて、ブランドの持つ価値を金額換算しており、今年で15回目の実施となる。

「Best Japan Brands 2023」トップ100

Best Japan Brands 2023 トップ100

ランキングによると、1位は「Toyota」で、15年連続の首位獲得となった。以下、2位は「Honda」、3位は「Sony」、4位は「Nissan」、5位は「Nintendo」と続き、自動車ブランドの活躍が目立つ結果となった。

Best Japan Brands 2023 詳細なランキング(1~50位)
Best Japan Brands 2023 詳細なランキング(51~100位)

ランクインした全100ブランドの対前年成⻑率の平均は+6.0%(昨年+8.6%)となり、ブランド価値の伸⻑ブランド数は80(昨年79)、ブランド価値総額は2,733 億ドル(前年比+7.7%)と、安定した成長を見せた。

特に前年比ブランド価値成⻑率が高かったのは、1位「Yakult(36位、前年比+28%)」、2位「WORKMAN(60位、前年比+24%)」、3位「Shimano(25位、前年比+23%)」だった。また、83位には「NRI」が初ランクイン、98位には「TOTO」が再ランクインした。

調査概要

【評価対象基準】
  • 日本発のブランドであること:日本の企業によって生み出されたコーポレートおよび事業ブランドであること
  • 各種財務情報が公表されていること: 2019年10月30日時点で上場しており、アナリストによる業績予測が入手可能な企業であること
  • 「Best Global Brands 2019」ランクインブランドは、2019年度のブランド価値を適用
  • 日本で一般に認知されていること
【評価手法】
  • 財務分析:企業が生み出す利益の将来予測を行う
  • ブランドの役割分析:利益のうちブランドの貢献分を抽出する
  • ブランド強度分析:ブランドによる利益の将来の確実性を評価する
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]