フィードフォースの「Google広告」自動運用「EC Booster」が「Google動的検索広告」に対応

これまでの「Googleショッピング広告」に加えて自動で運用、業務効率化と集客力向上が可能に

デジタルマーケティング支援事業のフィードフォースは、同社の「Google広告」自動運用サービス「EC Booster」が「Google動的検索広告」に対応した、と1月17日発表した。これまでの「Googleショッピング広告」に加えて動的検索広告の自動運用もできるようになり、業務効率化と集客力向上を併せて可能にする。

Google動的検索広告は、Google広告で配信できる検索キーワード広告(リスティング広告)の1種で、検索キーワードを登録する通常の検索広告とは異なり、ウェブページを登録。そのページと関連のあるキーワードで検索するユーザーに向け、ニーズに合う広告タイトルとランディングページを自動生成して表示する。

EC Boosterには独自の自動改善機能も搭載した。初期設定の必要はなく、毎日の広告運用も不要。広告の成果はダッシュボードで確認できる。1日1000円からの料金で利用可能。Google動的検索広告に続き、サイトを訪れたことがあるユーザーに広告配信する「Googleのリマーケティング広告」の対応も予定している。

成果レポート画面
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]