ブランディング活動を評価する「Japan Branding Awards 2022」発表。「味の素」「丸亀製麺」が最高賞【インターブランドジャパン調べ】

ブランディングへの取り組みが評価された10ブランドを選出。

インターブランドジャパンは、企業のブランディングを評価するアワード「Japan Branding Awards」の第5回となる2022年度の受賞ブランドを発表した。

Japan Branding Award

「ブランド」の価値構築

本アワードでは、ブランド戦略・体験基盤の構築からクリエイティブ開発、コミュニケーション活動を含むマーケティング活動全般にいたるまで、「ブランディング活動」が企業の成長にどう貢献しているかを複合的に分析・評価し、今年度は10ブランドを選出した。

2022年度受賞ブランド

受賞ブランド一覧

Best of the Best

受賞ブランドの中で総合的に、特に優れた取り組みをした次の2社が受賞。

  • 味の素(味の素株式会社)
    事業を通じて社会価値と経済価値を共創するASV(Ajinomoto Group Shared Value)経営をベースとし、「アミノ酸のはたらきで、食と健康の課題解決」の浸透と、グローバルブランド「Ajinomoto」の価値向上を目指した活動が評価された。
  • 丸⻲製麺(株式会社丸⻲製麺)
    コロナ禍における生き残りのカギとして「顧客体験No.1」をビジョンとし、アフターコロナへ向けた新たなビジネスモデルと成長戦略を強化した。持続性のある新たな成長軌道に乗せた活動が評価。

Rising Stars

ブランディングを通じて著しい成長を収め、卓越したオリジナリティのある取り組みをした次の2社が受賞。

  • マネーフォワード(株式会社マネーフォワード)
    創業から10年で社員数が2,000人近くまで​​​​急​​​​増​​​​す​​​​る中、経営の意思や価値観を言語化して​従業員の一体感を強め、社内外からの信頼を獲得したカルチャーブランディングが評価。
  • SANU(株式会社 Sanu)
    「人と自然が共生する社会の実現」を掲げ、セカンドホーム・サブスクリプション(自然立地にあるキャビンに滞在できるサブスクサービス)の事業化を短時間で実現。社内外のステークホルダーを巻き込んだ、魅力的な体験価値の提供が評価された。

Winners

応募ブランドの中で優れた取り組みをした次の6社が受賞。

調査概要

  • 【募集対象】企業・事業・サービス・製品の「ブランディング」
  • 【応募資格】⽇本企業および⽇本でビジネスを展開している外資系企業、各種法⼈・団体
  • 【対象期間】過去3年間の活動(2019年4月~2022年6月)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]