ヤフー・データソリューションが店舗の人流データを分析する「施設来訪者分析」を提供

全国の飲食店やスーパーなど小売店が対象、チラシ配布見直しや競合店との比較に活用

ヤフーは事業者向けデータ活用サービス「ヤフー・データソリューション」で、飲食店や小売店での時間帯・曜日別の推計来訪者数や、性別・年代の傾向、来訪元の市区町村を分析してプロモーション・販促に活用できる「施設来訪者分析」の提供を年内に始める、と10月5日に発表した。全国のスーパー・コンビニ・ドラッグストア・ホームセンター・飲食店など約80万店舗が対象。複合商業施設内の店舗や病院などは対象外。

施設来訪者分析は、検索データや位置情報の「Yahoo! JAPAN」のビッグデータをブラウザで調べられる「DS.INSIGHT」の人流データ分析ツール「DS.INSIGHT Place」内の新機能として提供する。店舗・施設名を入力するだけで、その店舗の時間・曜日別の推計来訪者数や性・年代別の傾向、来訪元の市区町村、他に訪れる傾向がある店舗を分析できる。チラシ配布地域の見直しや販促イベント計画、競合店との比較分析に活用できる。

テーマ別データを自社の分析環境に組み込んで利用できる「DS.DATASET」では、任意のエリアごとの滞在人口や来訪元・移動先の市区町村などの提供を5日から始めた。利用中の分析基盤や既存データと組み合わせた分析など、自由度の高いデータ活用ができる。DS.DATASETなどを活用して企業や自治体の課題を解決する「ソリューションパートナープログラム」も開始し、参加企業には保有する100件以上の関連特許を無償提供する。

「DS.INSIGHT Place」施設来訪者分析の画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]