Salesforceが「TikTok」と提携、月間10億人に高度にパーソナライズしたコンテンツ提供

「Commerce Cloud」の利用企業とTikTokユーザーをつなぎ、ソーシャルコマース拡大に対応

CRM(顧客関係管理)ツール「Salesforce」を展開する米国セールスフォースは、短編動画プラットフォーム「TikTok」と提携すると6月2日発表し、日本抄訳を6月22日に公開した。SalesforceのEコマースプラットフォーム「Commerce Cloud」の利用企業が、ソーシャルメディアのTikTokを活用する買い物客にリーチできるようにするため、TikTok上で広告を掲載し、商品をより見つけやすくする。

TikTokをCommerce Cloud上の新しいセールスチャネルとして間単に立ち上げることができ、月間10億人のTikTokユーザーに高度にパーソナライズされたコンテンツを提供することが可能になる。ワンクリック設定だけでTikTok上のCommerce Cloudカタログと同期できる広告ソリューションを利用して商品をスピーディーかつスムーズに公開し、アプリ内エクスペリエンスに基づく自動スマート製品フィードを展開できる。

ブランドの成長と発展にはあらゆるチャネルで働きかけ、チャネルの枠組みを越えてソーシャルコマースを拡大して複数チャネルにデータが流れる仕組みを構築する必要がある。セールスフォースの「Customer 360」は、「Facebook」や「Instagram」などのSNSと統合してブランドと顧客がシームレスにつながることを支援してきた。TikTokとの提携でさらに複数のチャネルにまたがる新たなオーディエンスの発掘を促進する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]