ライオンとNTTデータがDX推進で業務提携を開始、ライオンが掲げる成長戦略の加速が目的

デジタル基盤構築と基盤を生かした事業変革に向けたDX推進プロセスの確立・展開など実施
よろしければこちらもご覧ください

生活用品大手のライオンとNTTデータは、DX(デジタル変革)推進に関する業務提携を1月に始める、と1月6日発表した。ライオンが掲げる成長戦略の加速を目的にする。DXの実現プロセス・ノウハウを体系化したNTTデータのプログラムを活用し、デジタル基盤の構築と基盤を生かした事業変革に向けたDX推進プロセスの確立・展開、人材開発の強化を進める。

ライオンはNTTデータとの業務提携によって成長戦略のうち「4つの提供価値領域における成長加速」を推進する。4つは、オーラルヘルス▽インフェクションコントロール▽スマートハウスワーク▽ウェルビーイングを指す。NTTデータのプログラムは「デジタルサクセスプログラム」と呼び、企業がデジタルで成功した状態になるよう段階的に変革していく。

両社は一体になって基本構想の検討、構築・運用・改善を行うとともに、DX推進プロセスの確立・展開と人材開発の強化を手掛ける。DX推進プロセスの確立・展開では、デジタルサクセスプログラムを利用し、4つの提供価値領域で自律的にDX戦略立案、実行、定着化を実施。既存事業の高度化や新事業の立ち上げを見据え、事業変革を進められるようにする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]