KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援開始、5Gによるバーチャルヒューマンを活用

企画やデザイン時のサンプル制作をバーチャル化、無駄のないサステイナブルなモノ作りへ
よろしければこちらもご覧ください

KDDIと、同社傘下で研究開発を行うKDDI総合研究所は、アパレル業界のDX(デジタル変革)を支援する取り組みを9月10日に始めた、と同日発表した。商品企画やデザイン時のサンプル制作をバーチャル化し、サンプルが不要で資源の無駄がないサステイナブル(持続可能)なモノ作りにつなげる。最新の第5世代移動通信システム(5G)による
バーチャルヒューマン(CGで作成された人物)などを活用する。

アパレル業界は企画、デザインの段階で実物サンプルが多く作られ、時間とコストがかかるうえ布地も大量に廃棄されることから、DX化を後押しする。第1弾として両社は、バーチャルヒューマンに実物と同等の高精細な3D CGの衣服を着せるシステムを開発した。実物サンプルがなくても商品が実寸大で確認でき、時間短縮とコスト削減を実現する。商品イメージをリモートで共有することも可能。

取り組み第1弾のイメージ

バーチャルヒューマンが身に着けた様子は、スマートグラス(画像を映し出すメガネ型のウエアラブル機器)を通して見られる。KDDI総合研究所が開発した技術によって目の前に実物があるような感覚を作り、近付いたり回り込んだりして素材感やコーディネートが確認できる。システムを応用すると、スマートグラスを使った場所や時間にとらわれないバーチャルファッションショーも可能になる。

バーチャルのドレスを着たバーチャルヒューマンと実物のドレス
スマートグラス「NrealLight (エンリアルライト)」
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]